(妄想企画)現役選手で作る、strength in numbers再建計画~Part2バルボサの後継者~

NBA

皆さん、こんにちは!Stephen Burryです!今回は、妄想企画第2回目ということで、引き続きStrength in Numbersを再建させるべく、当時のメンバーの後継者を探していきたいと思います!

今回は、スコアリングガードとして、リビングストンとともにスプラッシュブラザーズのバックアップとして活躍した、リアンドロ・バルボサの後継者についてです!

選定ルール

・基本的に、2015年頃のウォリアーズにいた選手の後継者として選定。(プレースタイルで似ている個所がある、生き写しが理想)

・選手の年俸はモデルの選手と同等

・優勝経験なしの選手(2015年の優勝は経験者ゼロでした)

・カリー、クレイ、ドレイモンドは据え置き

この四つだけでかなり制限されると思いますし、中心選手より脇を固めるメンバーの選出がメインですので、NBAを隅々まで見る必要があります。そして、すでに上記3人は優勝を経験していますが、やっぱり渋くていい選手が集まって初優勝は夢がありますので、そこも拘っていこうと思います。

サラリーキャップは拘りたいですが、3人(特にカリー)が当時より上がりまくっていますので多少温かい目でみてもらえると幸いです!

リアンドロ・バルボサの後継者

バルボサとは?

バルボサは、ウォリアーズのオフェンスの基礎となった、スティーブ・ナッシュ時代(ダントーニHCのラン&ガンオフェンス)のサンズに所属していた選手です。

オフェンシブマインドが当時からフィットしており、もちろんウォリアーズオフェンスにもすんなりフィットしています。加入した初年度で優勝を経験しているのでやはり当時のウォリアーズのスカウティングはかなりハマってたと言っても過言ではないでしょう!!

サンズ時代のバルボサ TOP10

ウォリアーズに入ってからは、年齢もありスラッシャーとしてスピードで押し切るような得点シーンは減りましたが、ブラジル出身ということもあってか、独特なリズムのドリブルでペネトレイトしていく姿は第2クォーターの楽しみの1つでした。

ウォリアーズ時代のハイライト

バルボサのステータス

身長:191cm

年俸:250万ドル

平均得点:7.1点

またまた、リーズナブルな契約です。カリー、リビングストンに次ぐ第3PGという位置づけであるためではありますが、平均出場時間が15分近くありましたので、普通にローテーションプレイヤーです。SG起用もあったので、序列としては本来よりも高くなっていました。

後継者として選んだのは…

アップテンポな攻撃を好むベンチプレイヤー、ということを選定の軸に選ばせていただきました。先に他候補を上げると、ジャバズ・ネイピアーなんかがベテランの域に入ってくる年ごろでいいかな、と思いましたがなんとなくよりパサー気質な気がした(独断と偏見です)ため、今回は別の選手にしました。

ということで、選んだのは

ヨギ・ファレル!!

ファレルのハイライト
バルボサ感ありませんか?

少し前にマブスでブレイクし、本来であれば、オールスターまでは行かなくともスターダムを駆け上がっていく可能性を秘めた、非常に楽しみな選手でした。

しかし、ブレイク翌シーズンにマブスではデニス・スミスJr.が台頭してきたこともあり、そのままフェードアウト…

期待の若手が集まっていて、当時ウォリアーズのACを務めていたルーク・ウォルトンが指揮をとるキングスで今シーズンはプレーしていました。26歳とまだ若いですが、ディアーロン・フォックス、コーリー・ジョセフの控え、奇しくもバルボサと同じ第3PGとしての位置づけです。

出場機会が本家よりもらえておらず、このままNBAから去る可能性も否定できませんが、ウォリアーズでひと花咲かせてビックディールをつかもうぜ!!

カリーの後継者問題が今後数年で出てくると思いますが、ファレルは5歳は年の差がありますし、カムバックできれば十分スタメンも務まる選手だと思いますので、多少現実的に考えてもありな気がします。

デミオン・リーが黙ってないかな?

ということで、今回は小細工なしに後継者を選びました(笑)

リアンドロ・バルボサの後継者はヨギ・ファレル!

これにて締めたいと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました