~Golden State Warriors観戦記~2020-2021 1/24 GAME16 vsUtah Jazz

2020-2021
引用元:https://www.nba.com/warriors/gallery/stephen-curry-named-western-conference-player-week-3

皆さんこんにちは!StephenBurryです!!

休みの日のウォリアーズ戦は2週間ぶりでしょうか?

気持ちもゆとりをもって観戦できるってもんです!それでは、絶好調ジャズ戦について書いていきたいと思います!!

このブログでは、皆さんと意見交換など交流の機会を持てたらと思ってますので

「同じこと思ってました」「いや、それは違うだろ~」などなんでも構いませんのでコメントいただけますと幸いです。

Twitterのアカウントもありますので、是非ともフォローよろしくお願いいたします!

@StephenBurry_30

プリゲーム

スタメンとロスター

ウォリアーズは

PG:カリー

SG:ウーブレ

SF:ウィギンス

PF:ドレイモンド

C:ワイズマン

ジャズは

PG:コンリー

SG:ドノバン・ミッチェル

SF:ボヤん・ボグダノビッチ

PF:ロイス・オニール

C:ゴベア

注目ポイント

・アウトサイドの失点をどれだけ減らせるか

・セカンドユニットの時間帯の戦い方

・ペイント内での得点

・カリーのスリー成功数が歴代2位となるか?

データ上でジャズは3P成功率がリーグ2位の40.3%です。最近は修正できていたとはいえ、序盤戦のようにアウトサイドからボコボコにされてしまってはどうしようもありません。ウィギンス、ウーブレのディフェンスに注目です。

ジャズのセカンドユニットにはベンチから17点を稼ぐジョーダンクラークソンがいます。パスカルよりも得点数が多くシックスマン賞の現在最有力候補です。そのほかにもフェイバース、イングルスもベンチメンバーとして控えており相手も強力なセカンドユニットになっています。この時間帯の戦いが少なくとも互角でないと勝機が見えてこないことが予想されます。

3つ目の注目ポイントは、ペイント内での得点がどれだけできるか。センターのゴベアの存在感はもちろんNBAでもトップレベルで、リバウンド数もチームでリーグ2位の数字を残しています。インサイドでの役割をワイズマンに与え数試合ですごいものを見せてくれているので強敵を相手にオフェンスリバウンドをもぎ取ったり、ゴールをねじ込むような姿を見てみたいですね!!

最後に、カリーがあと3本に迫ったスリーの通算成功数でレジーミラーを越えられるかにも注目です。

試合観戦

ロケットスタートをかまされる1Q

早速、3連続スリーを決められてしまいます。ゴベアのゴール下もワイズマンが正面で止めに入るも空しく決められ、もう一本スリーが決まり、あっという間に0-14でタイムアウト。

いったん流れを切ったおかげもあってジャズのシュートも落ち始めますが、その間でウォリアーズも得点できません。意図的なのかジャズのディフェンスはウーブレが空く形が多いです。やはりここで何本か決めてくれると大きいんだけど、今一つです。

外れ始めたといっても決まり続けるジャズのアウトサイドですが、インサイドではワイズマンがゴベアをブロックしオフェンスでもポストプレーからフェイダウェイ気味に決めるなど、対抗できるところを序盤から見せてくれています。

カリーがスリーを連続で2本ヒットさせたり、得点も出始めたところでワイズマン、ウーブレがベンチへ。

相手もゴベア、コンリーを下げフェイバースとクラークソン投入です。

フェイバースのオフェンス力が素晴らしく、ルーニー相手にゴリゴリ押し込んできます。

コチラもウィギンスが落ち着いて得点を決め続けています。10得点。静かに安定感のある頼りがいある選手として君臨し続けています。この活躍はうれしい!

カリーも巧みなショットを連続して決め、同じく10得点。褒めると起きる、クソターンオーバー(笑)

ラストオフェンスはジャズのディフェンスがカリーをハーフラインからもフリーで打たせまいと寄ってきます。パスを選んだカリー、ウーブレがきっちり決めて1Qは最終的に30-39序盤の連続失点を考えると踏みとどまれた1Qだったと思います

盤石に進められる2Q

ジャズが開始からゴベアをコートに戻してきます。パスカル対策。アンダーサイズのパスカル相手にアリウープをお見舞いしてくれます。コンリーとクラークソンのバックコートと合わせてやはりウォリアーズのこの時間帯のブーストを警戒しているのでしょう。相手の目論見通り差は埋まらず、得点でも上回れてしまい、ウーブレ以外のスタメンが戻ってくる頃には20点差に近いビハインドを背負ってしまいます。

ゴール下のワイズマンの奮闘ぶりは素晴らしく、シュートに対してディフェンスに行くとオフェンスリバウンドが防げず失点になったりはしますが簡単に点は取らせないし、得点も奪っています。ワイズマンの成長も物凄い早さかも!?

カリーがレジーミラーに並ぶ通算2,560本目のスリーをヒット!!!

苦しい点差の中で明るい記録です。喜びも束の間、さらに得点差を広げられついには30点差…

47-77で前半終了です。アテンプトの差はあれど、スリーを7本多く決められています。確率もそこまでよくないのでこのまま打たせ続けてプレッシャーを与えて外させていけるといいような…

3Q

カリーが単独2位の通算スリー成功となる2,561本目を難なく決めます。

ワイズマンもゴベア相手に得点。ここは想像以上に頑張れているのに、ジャズのアウトサイドショットが外れない。

スイッチが上手くいかなくて、シューターがフリーになることが多すぎる。センターが引きずり出されて軽々フローターパターンも多々あり。

カリーも超ロングレンジのスリーで流れを呼ぼうと試みるも成功せず…

終戦でしょうか。

72-108で3Q終了です。

4Q

まるっとガベージタイムになってしまいました。

ということで割愛します…

最終スコア108-127です。

ポストゲーム

ボックススコアはコチラ↓

https://jp.global.nba.com/boxscore/#!/0022000242

守れな過ぎてあっという間に点差が開いてそのまま終わりました。

そういえば、このスタメンになってからアウトサイドボコボコは初めてかもしれません。

そういった意味でディフェンス構築ができていなかったんですかね?

こういう相手こそ連戦で修正したいところですが、日程もそう都合よくは行きません。

ハイライトはコチラ↓

次戦は

日本時間1月26日(火)12:00より、ウルブズ戦です。

ドラフト1,2位の顔合わせ。

是非ともワイズマンにはウルブズに自分を指名しとけば、と思わせるような活躍に期待です

それでは本日はここまで、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. […] ~Golden State Warriors観戦記~2020-2021 1/24 GAME16 vsUtah Jazz皆さんこんにちは!StephenB… ~Golden State Warriors観戦記~2020-2021 1/26 GAME17 vsMinnesota […]

タイトルとURLをコピーしました