~Golden State Warriors観戦記~2020-2021 2/27 GAME34 vsCharlotte Hornets

2020-2021
引用元:https://www.nba.com/warriors/gallery/stephen-curry-named-western-conference-player-week-3

皆さんこんにちは!StephenBurryです!!

土日も仕事で、リアルタイム観戦がなかなか適わなくて悔しい思いをしております。

今シーズン初の3連勝をかけたホーネッツ戦。後追いで観戦、記事は毎試合欠かさず頑張っていきますので改めてよろしくお願いいたします!

なお、Twitterのアカウントもありますので、是非ともフォローよろしくお願いいたします!

@StephenBurry_30

過去の試合もまとめてありますので、是非ご覧ください!

(総まとめ)~Golden State Warriors観戦記~2020-2021
皆さん、こんにちはStephenBurryです!!こちらは、各試合観戦記のまとめです。是非ご活用ください!また、Twitterもやっておりますので、是非フォローお願いします!!@StephenBurry_30...

プリゲーム

スタメンとロスター

ウォリアーズは

PG:カリー

SG:ウーブレ

SF:ウィギンス

PF:ドレイモンド

C:ルーニー

ホーネッツは前回とラインナップが変わり

PG:ラメロ

SG:ロジアー

SF:ヘイワード

PF:コディ・マーティン

C:PJワシントン

ウォリアーズはサイズが増してきているのにスモール感がありますね。

前回対戦の印象としては、PJワシントンのスリーが大きく効いていたのでその色が濃くなるかもしれません。

注目ポイント

・ロジアーを止められるのか?

・スリーを防げるのか?

・センター陣の復帰で高さ有利に働くか?

ロジアーは前回対戦になんだかんだありはしたものの、クラッチショット、ウィナーショットを決められております。結末を予感させるほど試合を通してビッグショットを決めていたし、なめてはいけないスコアラーです。

そして、サポートメンバーのスリーをいかに防げるか?得点勘定的にあと一本外れていれば、というようなこともありますがヘイワードやPJワシントンが欲しい時間帯に決めていたこともあり、最近レートも高いディフェンス力を如何なく発揮する必要があります。

そして、前回対戦と大きく違うのがルーニーとワイズマンの復帰。サイズが吉と出るか、凶と出るか注目したいと思います。

試合観戦

アシスト祭りの1Q

最近調子のいいコーナースリーをウーブレが決めてスコアが動き始めます。

ラメロのプットバックも迫力感じるプレーでしたが、今日はウォリアーズの動きが3連勝への気迫を感じます。ルーニー、カリーのスクリーンプレーでホーネッツのディフェンスがはがれフリーのウーブレがダンク!

一時、ドレイモンドのフレグラントファールやラメロの巧みなノールックパスやレイアップで鼻背dン度を背負いますが、ウィギンスのエンドワンのフリーススローがドレイモンドの頑張りでウィギンスに戻り得点、4ポイントプレーになります!

カリーのレイアップ、ルーニーがディフェンスの裏を突いて加点。さらにウーブレのアシストでルーニーが決めます!ウーブレも周囲を見えるようになってきたか!?

カリーのまたオシャレなビハインドバックパスでアシスト、

ドレイモンドからウィギンス、ウーブレへアシスト!ここまで11のフィールドゴール11アシストという驚異的な連携でのスコアリングです!

さらに25点取った内ウーブレの開幕スリー以外は全部ペイントで得点取っています。ウーブレ→ワイズマンは…まだまだでした(笑)

アシストでのフィールドゴールを途切れさせますが、素晴らしいワイズマンのポストプレーも生まれました!

さらにウーブレが再びダンク!さらにダンク!どれだけフリーなんだ

裏を突くのが当たり前のようなプレーが続きます。ドレイモンドがすでに8アシスト!

ドレイモンドがカリーのアシストでスリーを決め、カリーも5アシスト。高得点にもかかわらずカリーのスリーなし。チーム全体の連動性の中で生まれた得点の積み重ねで36-28で1Q終了です。

大停滞も乗り越える2Q

ドレイモンド、カリーがいなくてもボールが回り得点できるか気になるところです。

早速不安が的中し、ワナメイカーとワイズマンがターンオーバーしている間にロジアーのスリーで3点差まで詰められます。

流れ、を掴めませんがスピンムーブでワイズマンが得点で個人の良さを出します

が、モンクのスリーで逆転を許します。パスカルの判断もあまりよくなくターンオーバー祭り。

6分で3得点…

しかし、ドレイモンドが戻ってきてレイアップを決め次のディフェンスでチャージングで一気に流れえを呼び込みます!
さらにコカからまたもきれいなボールムーブ!リーのスリーで逆転です!

そして混戦の中でまたリーがスリーそしてカリーが今日初・95試合連続のスリー!

その後も得点を重ね、66-51の15点リードで前半終了です

パスと高さで圧倒する3Q

今日のアシストの多さを象徴するようなプレーが止まりません。

連続カットインのローテーションでカリーの得点。またもドレイモンドのアシストです。

しかし、前回対戦時に苦しめられたホーネッツのスリーは今回も好調です。ヘイワードのスリーで10/22と高確率で決められています。

しかし、ウーブレだけでなくウィギンスもドレイモンドにアシストします。スリーも決めるウィギンス。

ウィギンスを褒めるとウーブレも狭いゴール下でワイズマンへボールを出してアシストします。

スリーの決定力的にはホーネッツのスモール化も成功かと思っていましたが、今日はワイズマンの高さを活かしたプレーが光ります。

個人技もそうですが、アリウープが通ります。ドレイモンドがこのパスで17アシスト!

ドレイモンドは味方に活かされるシーンもあったおかげで得点も10を超え、残り40秒のところでとⓇプルダブル達成!

103-84で3Q終了です!

オールコートを乗り越える4Q

クォーター開始時の不安定なタイミングを狙ってか、オールコートで当たられます。

オフェンスはミス、ディフェンスはファールとすぐさまタイムアウトを取るカーHC

そして怒りのワナメイカーダンク!

ウィギンスがスリーで加勢します。この時間帯のウィギンスの得点力はキーになりますね!

トスカーノの登場で2Qとの違いはスペースが生まれていること。オールコートでしのぐのに苦戦を強いられますが、オフェンスへのシフトも難しいのか、ホーネッツは思ったほど詰められていません。

8秒バイオレーションの出たりしていて、ウォリアーズもアシストが通っていた分、ターンオーバーも増えています。

しかし、最後まで逃げ切って

最終スコア130-121,3連勝です!!

ポストゲーム

ボックススコアはコチラ↓

https://jp.global.nba.com/boxscore/#!/0022000511

フルハイライトはコチラ↓

試合を振り返って

何より、観戦記事の流れで書けませんでしたが、ドレイモンドがキャリアハイの19アシストですね!

ほんとにパスの通りが良かった!FGも60%大台ですし、スリーも45%。これで圧倒できないのはターンオーバーの多さですね。問題はやはりセカンドユニットの時間帯。

解決策は今後自分なりにも考えたいところですね!

兎に角、3連勝おめでとう!

次戦は

日本時間3月1日(月)のレイカーズ戦です。

本日はここまで!最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

コメント

  1. […] ~Golden State Warriors観戦記~2020-2021 2/27 GAME34 vsCharlotte Hornets […]

タイトルとURLをコピーしました