~Golden State Warriors観戦記~2020-2021 2/9 GAME24 vsSan Antonio Supurs

2020-2021
引用元:https://www.nba.com/warriors/gallery/stephen-curry-named-western-conference-player-week-3


皆さんこんにちは!StephenBurryです!!

今週は日本時間的に平日に3試合もありますね!仕事を早く切り上げる集中力が求められます。

今週最初のスパーズ戦をチェック!

なお、Twitterのアカウントもありますので、是非ともフォローよろしくお願いいたします!

@StephenBurry_30

過去の試合もまとめてありますので、是非ご覧ください!

プリゲーム

スタメンとロスター

ウォリアーズは

PG:カリー

SG:ウーブレ

SF:トスカーノ

PF:ウィギンス

C:ドレイモンド

ベンチメンバーはパスカルが復帰!

ワイズマン、ルーニーもステータス的には怪我明けのように見えますがどうなるか?

そして、ウィギンスとトスカーノのポジション変更には何か意味があるのでしょうか?

スパーズは

PG:マレー

SG:ホワイト

SF:デローザン

PF:ケルドン・ジョンソン

C:パートル

オルドリッジが負傷欠場です。ドレイモンドが上手くディフェンスしている印象があるため、いないことが逆に対応を難しくするかもしれません。

注目ポイント

・前回の完璧な試合運びに対するポポビッチの修正は?

・パスカル復帰によりインサイドの改善がみられるか?

・カリー以外の得点は?

前回がこれまでのベストゲームだったと私は思うのですが、ああいった試合を名将ポポビッチを相手に簡単に繰り返せるとは思えません。

まして、オルドリッジ不在による戦術の変更もあるかと思うので

試合観戦

良い流れで得点できる1Q

まずはジャンプボール。お前が飛ぶんかい!トスカーノ(笑)負けますw

ドレイモンドが最初のスリーを決めるし、今日はスリーの入るウーブレさん。

カリーもロングスリーが入りオフェンスは好調な出だしです。

全体的にスパーズのディフェンスがしつこく追いかけているなか飛び道具で対応している感じです。心が折れるまでとことん攻めてほしい気がします。

さすがにパートル相手に高さ勝負は厳しいですが、なんとかくらいついている印象です。

カリーとウーブレがスコアリングをけん引するいい流れです!

1Qの締めも何杯もお代わりできるカリーのスリーです!

36-27で1Q終了です。

スパーズディフェンスに苦しむ2Q

2Qはターンオーバーにブロックにとスパーズディフェンスに苦しめられます。

セカンドユニットでイニシアチブをとっていたのがずいぶん昔のように感じます。

最近はリーが不調な気もします。とはいえ、10点差付近を維持して踏ん張っています。

カリーが戻ってくるとさすがの得点力。

一番のお気に入りはこの魔法のフローター

同点まで追いつかれてしまいますが、

アグレッシブなドレイモンドのプレー!

ウーブレのスリーも続いて5点差

59-54で前半終了。

リードしている感じがしない3Q

相変わらずカリーが好調なのですが、ウーブレが周りとプレーがかみ合わなかったり、ドレイモンドが機嫌悪かったり、多少と言えどリードのある状況に感じない雰囲気。

マレーがすでに6つ目となるスティールを決めるなど、術中にはまっている印象を受けます。

デローザンが機械のように正確にスコアリングし点差が縮まり、パートルのカッティングで逆転されます。タイムアウト明けもウーブレのパスがマレーにカットされます。

ウーブレもダンクでやり返しますが、連動的な得点ではなく、かみ合わないところの修正ができていないのが気になります。

引き続きデローザンは見事なミッドレンジゲーム。

スパーズはカリーの得点をケアするあまりこんなミスマッチが生まれます。

同点

さらにもう一発、コーナーから相手の裏を突いてペイントに入ったウーブレにトスカーノがパスを入れて逆転です。

それでも勢いがウォリアーズに来ていないと感じます。

80-78で3Q終了です。

カリーでしか点が取れない4Q

ゲイのスリーで早速逆転されます。ゲイとミルズのベテランとバッセルの得点で5点差に開き、こうなると試合巧者のスパーズの真骨頂。

カリーが戻ってこないと得点が寂しい。ウィギンスが不調なのに加え、アウトサイドショットが全体的に不調です。

残り6分のところでカリーが戻ってます。すぐさまペースを上げてくれるカリー。頼もしすぎます。

というか、カリーしか得点できない…

最後の最後までそんな状況が続きます。

試合が決することがなく進み最終局面。

カリーを防げば勝ち、のような状況で、カリーにボールが入れられず、スリーに対するファールを狙ったドレイモンドの作戦が失敗し終戦。

最終スコア100-105です。

ポストゲーム

ボックススコアはコチラ↓

https://jp.global.nba.com/boxscore/#!/0022000371

ターンオーバーが20-11と倍近い数字を記録してしまっています。

カリーが高確率で決めていますが、全体のスリー成功率はスパーズより低め。

リバウンドも取れている。ターンオーバーに尽きる結果な気がします。

ウィギンスも静かに不調でした。

カリーのいない時間・カリー以外のスコアリングがまた課題になってきました。

フルハイライトはコチラ↓

試合を振り返って

カリーの独力で点が取れる状況もいつまで続くか分かりません。

スリーの成功率も高く相手の注意を引けているうちに周りが点を取れるようになっていかないと勝ちは見えてきません。この点はセンター不在云々は関係ないと思いますので明日のゲームは修正してほしいところです。

次戦は

日本時間の2月10日10:30~

同じくスパーズ戦です。同一カード2連戦は連敗していないだけに明日もそうなってほしいものです!

本日はここまで!最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

コメント

  1. […] ~Golden State Warriors観戦記~2020-2021 2/9 GAME24 vsSan Antonio Supurs […]

タイトルとURLをコピーしました