~Golden State Warriors観戦記~2020-2021 3/21 GAME43 VS Memphis Grizzlies

2020-2021
引用元:https://www.nba.com/warriors/gallery/stephen-curry-named-western-conference-player-week-3

皆さんこんにちは!StephenBurryです!!

2日連続で熟睡してしまい追っかけ観戦でのグリズリーズ戦です。

ロスター、疲労共に昨日よりタフな状況の試合をチェックしていきましょう!

なお、Twitterのアカウントもありますので、是非ともフォローよろしくお願いいたします!

@StephenBurry_30

過去の試合もまとめてありますので、是非ご覧ください!https://stephen-burry-mycareer.com/%ef%bc%88%e7%b7%8f%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89golden-state-warriors%e8%a6%b3%e6%88%a6%e8%a8%982020-2021/embed

プリゲーム

スタメンとロスター

ウォリアーズは

PG:プール

SG:ウーブレ

SF:ウィギンス

PF:ドレイモンド

C:スマイラギッチ

昨日の欠場者に加え、ルーニーもセーフティプロトコルで欠場です…

ルーニーは偽陽性による念のための措置と噂され、この試合のみの欠場見込みです。

これだけ欠いても8人以上のロスター構成が保たれるので試合はあります。

一方のグリズリーズは

PG:モラント

SG:グレイソン・アレン

SF:ブルックス

PF:カイル・アンダーソン

C:ヴァランチュナス

昨日と変わりません。

注目ポイント

・昨日好調だった選手は継続できるか?

・不調だった選手の復調は?

厳しいロスター構成の中でも勝てるのか、昨日はグリズリーズの対策を逆手に取るようなオフェンスを展開できていたようにも感じていましたが、果たして今日も同じことができるか、注目です。

試合観戦

ファールの多さに助けられる1Q

スマイラギッチがジャンプボール勝利と開幕スリー成功で華々しく先発祝いを自ら送ります!!

2本目は外れました(笑)

グリズリーズはペイント内のオフェンスを中心に組み立て、スマイラギッチを狙います。

オフェンスでもスクリーンのセットポジションやトランジションのパスなどかみ合っていないことが多いスマイラギッチ。やはりコートに立たないと分からないことが多いですよね。

早々に3つファールをしてしまい、ベイズモアと交代。スモールラインナップに強制突入です。

ほかの選手のオフェンスもプールが突き抜けるでもなく、ウーブレは相変わらずシュートが短く、勢いの出るプレーが生まれません。

ウィギンスがフリースローで得点を伸ばしていますがフィールドゴールは決まらず。一方でグリズリーズにはペイント内を荒らされて得点を重ねられます。10点差までリードを広げられます。

ウーブレに代わってリーが入り、コーナースリーを決めてくれてやっとフィールドゴールが生まれた印象です。

フリースローが多くてほんとに助かる、得点の気配のなさ…

24-28で4点ビハインドですが、何とか追いかけられる展開にしてもらっている印象です。

テクニカルで流れが変わる2Q

プールのフィニッシュ力が良く出た3つのフィールドゴールで6点獲得します。

その後も得点に苦しみ、グリズリーズのオフェンスも執拗にインサイドを攻撃してきます。ドレイモンドがボールに対するチェックと主張しているのにファールがコールされ不満たらたらでテクニカル。

悪い流れだな~と思ったらボーナススローを外してくれ、そこからウォリアーズが円陣で気合を入れなおします!

ドレイモンドが抜け出してダンク!

相変わらずシュートが決まりませんが少し機運が上向いたか、加えてウィギンスが戻ってきます!

ベイズモアのスリーで1点差に迫ります!グリズリーズも得点が止まっていたようです。

合わせてくれて本当に助かってます。

ついにプールのエンドワンで逆転!トスカーノも良くパスを通した!

その後もリードを守って立ち回り、51-49で前半終了です。

インサイドが脆い3Q

スマイラギッチが戻ってきますが、明らかにスリーを打たされて入らない、ファウルをするでやはりまだまだといった感じでしたね。ほかの選手と同じく時間をかけてフィットしていってほしいです!

それにしても、相変わらずなかなか点が取れない状況が続きます。

ヴァランチュナスにインサイドを制圧され、逆転されます。

ルーニーいないのが痛い…

そしてドレイモンドが負傷します。左ひざを抑えていますが、もともと痛めていたところでしょうか?

しかし、コートに戻ってきます。やはり重要な一戦と位置付けての強行出場でしょうか?

手負いのドレイモンド一人でヴァランチュナスを止めるのはとても難しい状況です。

一時10点差ほどつけられますが終盤ウィギンスのショットタッチも少し戻ったこともあり持ち直し。

まだまだ分からない、79-82の3点ビハインドで3Q終了です。

4Q

プールと大きく差をつけられる形でAチームでは苦戦していたマニオンがトランジションのスリーを決めて幸先よく同点とします!

レイアップも決め加点します!

しかし、ドレイモンドのいない時間帯でクラークにもインサイドを支配されてしまいます。

ドレイモンドが戻ってきて終盤モードに入ります。

ウォリアーズもシュートが前半に比べて入るようになってきているのでいい傾向ですが、グリズリーズも同じく、追いつき追い越されで進んでいきます。

プールのスリー逆転!

しかし突き放したいところでウィギンスがダブルチームの網にかかりターンオーバー…

タイムアウト取れなかったのか?

このプレーで逆転されてから流れが変わり、ファールゲームも中途半端に勝負あり。

103-111で敗戦です。

ポストゲーム

ボックススコアはコチラ↓

https://jp.global.nba.com/boxscore/#!/0022000642

フルハイライトはコチラ↓

試合を振り返って

昨日の試合と対照的にオフェンスに苦しんでいました。やはりルーニーが潤滑油的な役割をいかに大きく担っていたかがわかります。リバウンダーの存在はシューターのメンタルに大きく影響します。とはいえ全体的に悪かった。ウーブレに関しては、フィット云々とかではなく不調が一番大きいと私は感じており、健康面もあるかと思いますし役割がキャパオーバーなのであればプールが好調なうちに一度ベンチからの出場にしてみてもいいかもしれません。ディフェンス不安だけど。

とはいえ、クレイとKDの不在を同じように埋めるのは基本的には無理なわけで、選手一人一人が自分が何なら補えるか、とかどこまで追いつけるか、なんて考えて必死にやっていった方が結果がついてくると思います。

ジャズ戦の勝利なんかみんながいい意味で同じ方向を向けていたし。

今日はメンバーがかけすぎていた、で片づけてすぐ切り替えてほしいものです。

次戦は

日本時間3月24日(水)11時からホームでシクサーズ戦です。セスとの兄弟対戦は実現なるか?

本日はここまで!最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

  1. […] ~Golden State Warriors観戦記~2020-2021 3/21 GAME43 VS Memphis Grizzlies […]

タイトルとURLをコピーしました