~Golden State Warriors観戦記~2020-2021 3/5 GAME37 VS Phoenix Suns

2020-2021
引用元:https://www.nba.com/warriors/gallery/stephen-curry-named-western-conference-player-week-3

皆さんこんにちは!StephenBurryです!!

オールスタードラフトがあり、カリーはチームレブロンに!ヤニスとも同じチームで歴代のチームキャプテンが集結しております。

今日はオールスターブレイク前最後の試合、サンズ戦です。

なお、Twitterのアカウントもありますので、是非ともフォローよろしくお願いいたします!

@StephenBurry_30

過去の試合もまとめてありますので、是非ご覧ください!https://stephen-burry-mycareer.com/%ef%bc%88%e7%b7%8f%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89golden-state-warriors%e8%a6%b3%e6%88%a6%e8%a8%982020-2021/embed

プリゲーム

スタメンとロスター

ウォリアーズは

PG:マニオン

SG:リー

SF:ウィギンス

PF:トスカーノ

C:ワイズマン

カリーがオールスター前の休養、ドレイモンドが脚のケアによる休養でいません。

加えて昨日と同様ウーブレがいませんので、ウィギンスを中心とした若手育成に舵を切っています。

一方のサンズは

PG:CP3

SG:ブッカー

SF:ブリッジズ

PF:クラウダー

C:エイトン

普通に勝ちにきているメンバーです。

注目ポイント

現在2位のチーム相手に選手個々がどういった活躍をするか

ということで、今日はクォーターごとのチェックではなくウォリアーズの選手ごとに振り返っていこうと思います。

各プレイヤーを見て

ウィギンス

出だしは自分で点を取りに行く!という姿勢が見られました。

特にレイアップの相手のブロックを外すステップの踏み方はうまいものがありますね。

しかし、戦前の予想よりもシュートが少なく、エースムーブといった感じではなかった。

とはいえ確率良く決めており、アテンプトを周囲に譲るのであればこれでいい立ち回りですが、それにしてももう少し点を取ってほしいと思ってしまいます。

ワイズマン

エルボー付近のジャンプショットは得意なようですね。

ただしそこよりゴール下に入るとオフボールでの得点はできますが、ポストプレーなどは苦しそうでした。

ドライブからのスピンムーブを決めるシーンもあっただけに、流れの中での得点はできるもののどっしり構えてのオフェンスはまだまだ発展途上です。結果的に得意スポットというか得点は自分のパターンじゃないと取れなかったというのとシュートが入らな過ぎた。

それでもしっかりプレータイム与えれば2桁リバウンドは取れるしファールで退場ということもなかったので

トスカーノ

持ち前のパワーあふれるプレーを最初から見せていただきました。

CP3のパスをカットして得点を決めたプレーも必死さが伝わってきます。

ドレイモンドよりはマッチアップ相手が小さい選手のディフェンスで輝いていますが、求められているディフェンスリーダー要素には答えていたかと思います。

ただ、オフェンスでボールに絡むのはまだまだ、というよりフルメンバーの時に求められないのでこんなものなのでしょうか?

マニオン

PGとしての仕事をしようとしている意識を感じました。

ワイズマンへのアリウープ。すぐさまスティールしてトスカーノへアシストしたプレー筆頭にいいプレーもありました。

もったいないファールもあったり、強力なサンズバックコートに格の違いを見せつけられますが、スリーを決めたりもしており、少し2ポイントショットの確率が寂しいですが、概ねがんばっていたのではないでしょうか?

リー

普段からガッツあるプレーで活力を与えてくれますが、どうなるか。走り続けておりましたが、シュートを決めるまでのセットとなるとそう簡単にはいかず。単純に疲れているだけか。

ベイズモア

証明することが少ない選手。とはいえ、シュートが入らなかった。

パスカル

前半は精彩を欠いたプレーが多かった。ゴール下に入った時にもう少し周りを活かす選択肢が欲しいところ。

ルーニー

ベイズモア同様今日示すことが少ない選手。無理なくプレーしてもらえればよく、メンバーが変わっても縁の下の力持ちなのは変わらず。

そんな中オフェンスリバウンド4本はさすが

ワナメイカー

ワナメイカーはいかにカリーと同時起用のときにハンドラーを任せられるか、が気になるのですがそれについては当然今日はチェックできず。第2のボールハンドラーとしての動きはいつも通りな印象です。比較対象がリビングストンと考えると、パターンは違えどもう少し得点が欲しい。

プール

Gリーグに修行に行く前は「お前がそんなに乱発するな」というような印象がありましたが今日のように全体的に苦しい時に当たりが出てくると積極性が光ると思います。この調子を継続するのは難しいと思いますが、フルメンバーでの戦いのときにも得点力を発揮してほしいと感じさせてくれました。

こんなに主役をやらせてはもらえないのでその時に波を掴めるかにも注目です。

モルダー

出番すくな!

ポストゲーム

ボックススコアはコチラ↓

https://jp.global.nba.com/boxscore/#!/0022000185

フルハイライトはコチラ↓

試合を振り返って

途中寝落ちしてしまいましたが、「あ、今日勝てるかも」ということはなく調整のような試合でした。サンズの中心選手の起用を引っ張るようなこともなく普通に負けてしまったので、成長の機会とはいえどそこまで頑張ってほしかったなーという印象です。

次戦は

3月12日(金)12時からクリッパーズ戦です。

オールスターブレイクでリフレッシュしてすぐの強敵との試合ですが、勝った実績もあるので、次も勝て連敗を止めたいですね。

本日はここまで!最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

コメント

  1. […] ~Golden State Warriors観戦記~2020-2021 3/5 GAME37 VS Phoenix Suns […]

タイトルとURLをコピーしました