~Golden State Warriors観戦記~2020-2021 5/2 GAME64 VS Houston Rockets

2020-2021
引用元:https://www.nba.com/warriors/gallery/stephen-curry-named-western-conference-player-week-3

皆さんこんにちは!StephenBurryです!!

ゴールデン(ステイト)ウィークです笑

初戦のロケッツ戦をチェックして行きましょう!

なお、Twitterのアカウントもありますので、是非ともフォローよろしくお願いいたします!

@StephenBurry_30

過去の試合もまとめてありますので、是非ご覧ください!

プリゲーム

スタメンとロスター

ウォリアーズは

PG:カリー

SG:ベイズモア

SF:ウィギンス

PF:ドレイモンド

C:ルーニー

一方の

PG:ケビン・ポーターJr.

SG:ブルックス

SF:テイト

PF:オリニク

C:ウッド

注目ポイント

・KPJを止められるか?

・3番手スコアラーの台頭

KPJに爆発されると厄介です。のびのびさせないことが大事ですね。ガードのディフェンスはベイズモアに何とかしてもらいたいですね!

オフェンス面ではカリー、ウィギンス以外の得点が伸びないとこの先の戦いも厳しいのでこの手の相手に出てきてほしいですね!

試合観戦

アシストしまくる1Q

スクリーンをセットするとシューターがフリーになれるシチュエーションで、カリーとウィギンスが決めます。ベイズモアがコーナーから決められない…

一方のロケッツもアウトサイドとオリニクの得点で対抗してきます。

モルダーとトスカーノが入ってくるとルーニーほど明確にスクリーンをかけない分フリーランが増えて守りにくさが出てきます。モルダーは外からスリーを決め、トスカーノはドレイモンドとパスとキャッチの役割を交代しながらパス回しに厚みを持たせます。フィールドゴールすべてにアシストがついています。

少しペースがゆっくりめです。ここ数試合の疲労気味なところを見るとアップテンポよりは良いはず…

ラストポゼッションで得点できず22-24で1Q終了です。

眠くなる2Q

ウィギンスとプールでカリー不在の時間帯の得点力をカバーする布陣。

攻めの中心は明確で二人で得点していきます。それと同時に合わせで点を取りたいところなのですが、今日はベイズモアの様子が少し変です。モルダーがスリーをヒット。

カリーが戻ってきてもどこかエンジンがかかっていないようなパフォーマンス。

カリーの得点が伸びてこないのでおのずとウォリアーズの点も伸びませんが、思いのほかロケッツも攻めあぐねていて点差がつきません。

カリーはフリースローも外してしまいます…

眠くなってきそうな試合展開ですが、最後ロケッツのブルックスにブザービーターのスリーを決められてハッとなり前半が終了します。

49-55です。

スーパーランを見せる3Q

カリーがフェイダウェイを決めますが、やはり本調子ではない様子。

そんな中、ウィギンスが得点をつないでくれます!

そしてついにカリーのエンジンがかかります!

逆転のスリーを決め、雄たけび!

動きも良くなり、ファールドロー、さらにコーナーからもう一発。さらにさらにディープでもう一発!!

ロケッツオフェンスのマズさもありますが24-0のランを記録し一気に突き放していきます!

88-67と一気に捲って勝負を決めた感があります!が、先日の大量リードからの逆転事例があるので油断は禁物…

4Q

カリーの負担を少しでも減らせる展開を望む4Q

ターンオーバーやらファウルが多いものの、ロケッツのオフェンスが良くないので助かります。

トスカーノがオリニクにブロックをお見舞いするのですがこれで5つ目。

ウィギンスがスリーを決め20点目。

ここでニコちゃんとスマイリーが出てきたのでガベージタイムへ。

このクォーター完全にカリーを休ませることができたのが大きな収穫。

最終スコア113-87で勝利です!

ポストゲーム

ボックススコアはコチラ↓

https://jp.global.nba.com/boxscore/#!/0022000958

フルハイライトはコチラ↓

試合を振り返って

結局のところ、カリー依存で押し切れるか否か…

本日は押し切れる格好となりました。前半の試合展開が続けばかなりきつかったと思います。

ウーブレの長期離脱の可能性もある中、まずはウィギンスの得点が伸びてきてほしいところ。

今日は4Qも含めて20点でしたができれば今日の展開であれば3Qまでにその数字が欲しいところ。

ディフェンスはブロックが機能するなどもありましたが、下位相手なので何とも言えません。ポーターを乗せなかったのはいい点でした。

待望の3番手スコアラーですが、モルダーとプールの17点は評価できるものの、いかに効果的に点が取れるか、今日のモルダーの前半のスリーは苦しい時に決まっていたものもあり助かりました。

ほんとに継続できる選手が待ち遠しいですね。

試合観戦時には3Qの盛り上がりを楽しめましたが冷静に考えると前半冷や冷やさせてほしくなかったしカリー依存じゃないと勝てないと今のロケッツ相手にも苦戦するのは悲しい結果と感じてしまいました…

次戦は

日本時間5月4日(火)8時半よりペリカンズ戦です。

確実に勝っておきたいところ!

本日はここまで!最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

コメント

  1. […] ~Golden State Warriors観戦記~2020-2021 5/2 GAME64 VS Houston Rockets […]

タイトルとURLをコピーしました