~Golden State Warriors観戦記~2020-2021 5/22 Play-In Tournament VS Memphis Gulizzlies

2020-2021
引用元:https://www.nba.com/warriors/gallery/stephen-curry-named-western-conference-player-week-3

皆さんこんにちは!StephenBurryです!!

本日はWin or GoHomeのグリズリーズ戦をチェックしていきましょう!

なお、Twitterのアカウントもありますので、是非ともフォローよろしくお願いいたします!

@StephenBurry_30

過去の試合もまとめてありますので、是非ご覧ください!

プリゲーム

スタメンとロスター

ウォリアーズは

PG:カリー

SG:ベイズモア

SF:ウィギンス

PF:ドレイモンド

C:ルーニー

一方のグリズリーズは

PG:モラント

SG:ブルックス

SF:カイル・アンダーソン

PF:JJJ

C:ヴァランチュナス

注目ポイント

・ブルックスのディフェンス攻略のタイミング

・ウィギンスのオフェンス

・ヴァランチュナスへのディフェンス

前回の対戦でブルックスのディフェンスがグリズリーズのカリー対策の肝でした。さらにオフェンスでも馬鹿にできない点数をとられています。タフなディフェンスなだけにボディコンタクトも多くなりがちなので、いかにファールトラブルに持ち込めるかが勝敗に一番大きく響きそうです。

ウォリアーズはウィギンスの得点がキーになると予想します。前回のレイカーズ戦もそうでしたが、カリーの得点数を伸ばすためには周りの選手が想定よりも点を取りケアを考えさせることでプランを崩していくことも重要です。カリーより点を取る必要はなく、いかに注意を惹くか…コンディション的にも難しい問題ではないと信じたいです!このステージでそれができないと先も厳しいですし… そして相手のインサイドの要、ヴァランチュナスをどう抑えるか。オフェンスリバウンドは稼がれた印象はありませんが、それ以前にペイント付近のショットを決められてしまっていたので少しでも抑えたいところです。

試合観戦

不安がよぎるも持ち直す1Q

予想通りのブルックスのべったりマークにあうカリー

ウィギンスにボールを渡してオフェンスを展開します。ベイズモアへのアシスト、自らの得点と良い感じに立ち上がりますが、半ばカリーを除く4VS4のオフェンスでミスが目立ちます。ターンオーバーとグリズリーズの得点が伸びあっという間10点差に…

ウィギンスとルーニーを下げ、プールとトスカーノを投入しますが即効性はなく、どこか余裕のないウォリアーズでしたが、トスカーノがプットバックを決め、タイムアウトを挟んでベイズモアがスリーを決めるなど徐々に反撃を開始します。

カリーの最初のスリーは4点プレーに!リズムがつかめずに早打ちが決まらない悪いほうの典型パターンでしたが流れを手繰り寄せます。続く速攻でのロングスリーもスプラッシュヒット!プールも続いて一気に逆転します!! ラスト一分の攻防でひっくり返されますが、最終的には1点ビハインドの29-30で1Qは終了。中盤の遅れをクォーター内で取り返しました!

不安が払しょくできない2Q

モルダーのアリウープ、ヴァランチュナスのスリーで始まります、ウォリアーズの大事なカリーお休みタイム。

ヴァランチュナスはトップの位置でボールをもってスペースを広く使ってオフェンスを展開します。スリーが決まるグリズリーズ。しかしヴァランチュナスが3ファール。グリズリーズのオフェンスのキーが下がります。

7点ビハインドになってしまいますが、残り約6分半。カリーが戻ります。

ディフェンスではファール、オフェンスではターンオーバーが目立ち詰めたい時間帯なのに差が広がっていってしまいます。15点差に…モラントの下に潜り込むステップワークが厄介です。

バックドアオフェンスもカイル・アンダーソンがカリーをブロックして防がれますが7-0のランで対抗。その後アレンのスリーが決まり前半は62-49で終了です。

ようやくしっぽが掴めそうな3Q

後半を目一杯使って追いつきたいところ。

少しずつ点差が埋まりそうなところでターンオーバーをしてしまうところが痛い…相手のターンオーバーを誘発しているだけにアドバンテージにしたいところですね。

ヴァランチュナスが4ファール目のファールトラブルでまたもベンチに下がります。

インサイドの脅威は薄れるものの、スピードでのミスマッチを着けなくなる面もあるのかもしれません。クォーター終盤でようやく10点差のトンネルは抜け出した感。

捲りたいところですが5点差まで詰めたところで終了。

3Qは73-78で終了です。

追いつく4Q

カリーが休まず出場です。今日でシーズンが終わるかのような起用法。半分当たり、半分外れの理論。が、詰め寄るところまではさすがのカリーなのですが、決めればひっくり返せるポゼッションでのターンオーバーなど、なかなかひっくり返すことができません。

残り1分を切ったところでようやく同点となります。

カイル・アンダーソンにカリーがファールでフリースロー2点ビハインドとカリーの5ファール目で大ピンチ。

そんな場面でウィギンスが落ち着いてプールのパスからレイアップを決めて同点。

その後お互い得点できずにオーバータイムへ突入。 99-99

全てが終わる1OT

緊張感のおかわり。

毎ポゼッションに息が詰まりそうになりますが、お互い着々とスコアリング。カリーは5ファールなのでディフェンスも慎重に、オフェンスで大爆発と行きたいところですが、ターンオーバー。

アレンが2本連続のスリーを決めます。

ドレイモンドもスリーを返す。必死につなぐウォリアーズ。プールのスリーで逆転!しかし、終盤はモラントが凄すぎました。

2ポゼッション差のビハインドを背負いなおも粘りますが、そこからの逆転は厳しく…

最終スコア112-117で敗戦。同時に今シーズンが終了です。

ポストゲーム

ボックススコアはコチラ↓

https://jp.global.nba.com/boxscore/#!/0052000211

フルハイライトはコチラ↓

試合を振り返って

感覚的に言うと、前半浮足立っていたことがすべてのような敗戦でした。

1Qはしっかり持ち直したかと思いましたが、2Qでまたつまずいてしまって奪われたリードを埋めるのに4Qまでを擁しオーバータイムでは体力を使い果たしてしましました。

腹をくくって走り出した8人ローテは最終的に信頼が揺らいだモルダーも脱落し7人で回転。フィットに苦しんだ不純物を取り切った少数精鋭のローテーションはプレーオフ1歩手前で力尽きてしまいました。

面白いバスケを展開したことを否定するつもりはありませんが、やはり出場選手への負担は大きく、クレイを2年間失っているファンとしてはこれ以上の大怪我を見たくないという心理も働き、ここでけが人を出さず終われたことを幸運と捉えたいという言い訳じみたポジティブでありたいです。

ワンプレーワンプレー紐解いていくと選手個々に対して言いたいこととかあるのでしょうが、全体的にはこれが限界なのだな、と思いました。いくら異次元の選手がいたとしても独力ではNBAの頂点に行けないどころかプレーオフにも出場できなかった。特殊な不出場ですが、ファンとしても現状を受け入れ、ウォリアーズの対シーズンを楽しみに待ちたいと思います。

プレーオフもちゃんとチェックして他チームもゆっくり見たいと思います。

まずは、お疲れ様でした。ダブネーション!

最後に

0からブログを始め、迷走する投稿を経てようやくウォリアーズの試合観戦の様子を毎回投稿する、というスタイルで固めてここまで来ました。

駄文なことは百も承知ですが、Twitterを通じて1桁の閲覧数から、何とか数字を伸ばしていくことができました!皆様お付き合いいただき、本当にありがとうございました!

今シーズンの振り返りや、この観戦記を投稿して思ったことを後日投稿したいと思います。

本日はここまで!最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました