~Golden State Warriors観戦記~2020-2021 5/7 GAME67 VS Oklahoma City Thunder

2020-2021
引用元:https://www.nba.com/warriors/gallery/stephen-curry-named-western-conference-player-week-3

皆さんこんにちは!StephenBurryです!!

仕事が落ち着かなく、ゆっくりNBAが見れません…

もっとタイムリーに情報発信したいと思う今日この頃です。

さて、今日は負けてはならないサンダー戦です。

早速チェックしていきましょう!

なお、Twitterのアカウントもありますので、是非ともフォローよろしくお願いいたします!

@StephenBurry_30

過去の試合もまとめてありますので、是非ご覧ください!

プリゲーム

スタメンとロスター

ウォリアーズは

PG:カリー

SG:ベイズモア

SF:ウィギンス

PF:ドレイモンド

C:ルーニー

一方のサンダーは

PG:メルデン(?)

SG:ドート

SF:ロビー

PF:ベイズリー

C:ブラウン

フロントの3人はウォリアーズ相手にはフィジカルに叩けている時間もあったと思うので油断なりません。

注目ポイント

カリーに頼らないオフェンスで勝てるか?

正直、勝つことは前提で試合をしていかないと本当に今期の見通しはないと思います。

そして内容的にもしっかりカリーの個の打開力に頼ることなく勝っていきたいところです。

ウィギンスとベンチポイント。このあたりが気になるところでしょうか?

試合観戦

最初から余裕のある1Q

ボール回しの意識を強く感じる1Qです。

特にルーニーとドレイモンドは元々自分の得点を優先していないこともあり、得点がおのずとカリーとウィギンスに集まります。流れ的に難しいところではありますが、得点に割って入ってくるような存在も必要だと思います。しかし、そんなことは気にならないサンダーのケア。

サンダーのディフェンスの切り替えが遅く、何度もタッチダウンパスを狙えるシチュエーションが生まれます。

さらにオフェンスは何が脅威何だかわからない。読めないから止められないわけでもない。

最初から無理のない試合運びで優位を保ちます。

終盤少しもたついてしまいリードが縮まってしまいますが、それでも7点リード。

31-24で1Q終了です。

落ち着く2Q

戦いの上で重要なのはもちろんのこと、今日はこの時間帯も安心してみたいところ。

そう思った矢先にモルダーが3ファール。ベイズモアが出てきてローテーションが狂わないといいですが…

プールがルーニーとのプレータイムを共有出来てることもあり、ここもホットラインのように見事な崩しを見せます。現地ではカリーとドレイモンドのようだという表現。

確かに大事にしてほしい2人です。

一時5点差にまで詰められてひやりとしましたが、こういったいいプレーで持ち直します。

さらにもう一つトスカーノもハンドオフフェイクからの得点。

ドレイモンドより得点の匂いを出すプレースタイルのトスカーノ。攻めることのできる2枚目のデコイは完璧にドレイモンドに寄せていないところがいい味を出しています。

若手の躍動に引っ張られる形でカリーの得点も光ってきます。

結局カリーが高得点になってくるのですが、得点の順序が違うだけで見え方がだいぶ変わってきます。

リードを広げ61-49で前半終了です。

大量リードにならなくともこれだけ落ち着いていられれば問題ないでしょう!

リードをさらに広げる3Q

ディフェンスへの切り替えが相変わらず遅く、オフェンスファールで攻撃も終わるサンダーの若さのおかげで苦労なく時間を進めていけます。

意外にアウトサイドが決まったり、身体能力の高いプレーで詰め寄られたりもするのですが、あと一歩のところで詰め寄らせない感じが出ています。

サンダーが追いかけ切れていないもののそれにかまけずにしっかり動けているのが好印象です。

プールとドレイモンドがポジションかぶって軽くぶつかったときにイライラしていたドレイモンドの態度は気になります…その後ハイタッチしているシーンが映って一安心。

一方のカリーはモルダーのオープンスリーを助けるスクリーン。

サンダーに攻められるシーンは随所にあるもののこのクォーター単体でもリードを作ります。

88-72で3Q終了です。

4Q

しっかりシャットアウトできるか。

ウィギンス、プールの得点でよりリードを広げ、モルダーが続いていきます。

カリーが一瞬顔を出すも終始優位なのは変わらず。

ニコちゃん、スマイリーと8人ローテの壁が崩れて勝負あり。

最終スコア118-97で勝利です!

ポストゲーム

ボックススコアはコチラ↓

https://jp.global.nba.com/boxscore/#!/0022001001

フルハイライトはコチラ↓

試合を振り返って

カリーの得点力抜群でしたが、全体のバランスは良かったと思います!

ただ、なんとなくウィギンスやプールのオフェンスで蹂躙する感じが見たいところではありますが…

モルダーも得点数は25点と素晴らしいですが、今のところオーバーキルのようなシーンが目立っているのでもう少しいところで取ってくれるといいですね。

問題は連戦をしっかりものにできるか、すぐさま次戦に意識が映るような重要ながら勝ちを積み重ねただけのように切り替えていきたいところです!

次戦は

日本時間5月9日(日)11時より敵地でサンダー戦です。

次も勝たなければならない試合。まだ目が離せません!

本日はここまで!!最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました