GSW 2020-2021 1/1 GAME5 vsPOR Golden State Warriors観戦記

2020-2021
引用元:https://www.nba.com/warriors/gallery/stephen-curry-named-western-conference-player-week-3

皆さんこんにちは!Stephen Burryです!!

あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします。

現地時間元日からの試合となったウォリアーズの試合を早速記事にしたいと思います。

このブログでは、皆さんと意見交換など交流の機会を持てたらと思ってますので

「同じこと思ってました」「いや、それは違うだろ~」などなんでも構いませんのでコメントいただけますと幸いです。

Twitterのアカウントもありますので、是非ともフォローよろしくお願いいたします!

プリゲーム

スタメンとロスター

ウォリアーズは

PG:カリー

SG:ウーブレ

SF:ウィギンス

PF:ドレイモンド

C:ワイズマン

ついに、ドレイモンドが復帰です!昨年は主要メンバーで唯一出場を重ねる中チームが勝たず厳しい評価が集中しましたが、今年はどうなるか、注目です。

一方のブレイザーズは

PG:リラード

SG:マッカラム

SF:デリック・ジョーンズJr.

PF:コビントン

C:ヌルキッチ

ブレイザーズはおなじみレインブラザーズに加え、どんなチームでもディフェンスで貢献できるコビントン、昨シーズンのファイナルチームのヒートの有望株で迫力あるダンクを決めるDJJ、ヨキッチの前にはポイントセンターとしての評価も高ったヌルキッチという強力なスタメンを揃えました。

控えにもついにフィットするチームを見つけたカーメロ、これまた有力なスコアラーフッド、優秀な控えセンターのカンター、怪我で悩むもデビュー前はレブロンと比べられたハリージャイルズなど豪華な布陣でもあります。

少しがケチをつけるとすれば、ガードのディフェンス力ですが、マッチアップによってはコビントンのポジションを下げるなどして対応もできそうです。

注目ポイント

今までのウォリアーズの負け試合は、圧倒的にアウトサイドショットを決められていることにありました。リーグ屈指のアウトサイドスコアリングに長けたガードコンビ筆頭にブレイザーズも強力な飛び道具を持っています。ここを止められるかどうか、ウォリアーズのディフェンスの出来が一番の注目です。

一方のオフェンスではピストンズ戦でタッチがよくなっていたウィギンス、カリーがドレイモンドの入ったオフェンスローテーションでどう機能するか、を中心に見ていきたいと思います!

試合観戦

雨を浴びまくった1Q

カリーのスクリーンを使ったプレーでワイズマンがオープンのミドルを決めます。

カリーのオフボールムーブがいきなり味を出します。

しかし、ここから予想とは異なるアウトサイドの脅威を味わいます。DJJに始まり、ヌルキッチ、マッカラム、コビントン、マッカラムの順に完璧に決められました。レイン5じゃないか。

カリーも1本スリーを返しますが、いきなり2桁差…ドレイモンドがトスカーノにチェンジ。そしてワイズマンが5分で2ファウルでルーニーとチェンジです。ウィギンスもベイズモアとチェンジ。

リラードもドライブレイアップを決めてしっかり中も攻め込まれます。残り5分のところでファウルがかさみボーナススローを献上します。きれいに打ち切られてファウルも増えるという完璧に開幕の2戦と似た内容に。その後もマッカラムがディープスリーとおまけにもう一本ですでに一人で4本です。

20点差まで開きました…

カンターが入ってポストにドシっとした起点もができ、ウォリアーズはここもシャットダウンできずルーニーのファウルも早々に二つ。21-36と15点差まで積めはしたものの大きく離されたままです。

スリーも7割決められていましたので、やはりここを何とかしたい…

雨は続くが傘をさし始めた2Q

開始早々、メロにポストプレーからエンドワンとさらに一本決められますが、ファウルトラブルによってセンター起用されているパスカルがオフェンスをけん引します!

自ら得点を重ね、ウィギンスのスリーをアシストするなど得点を重ねて10点差まで詰めます!!

その後リラードにもスリーを決められ、バックアップガードのサイモン君にも決められまたもや差を広げられ始めますが、ここでウィギンスが頑張りを見せ、離されまいとします。

それにしてもアウトサイドショットのディフェンスが一手目は食い止めても回されてフリーになるケースが多い気がします。ドレイモンドの高速ヘルプもまだ、フルに使うには時間を要すると思いますが、往年のスイッチディフェンスを早く現メンバーで復活させてほしいですね。

ブレイザーズもコビントンのチャージングなど要所で食い止めてくるので大きく詰めることはできませんがカリーの変態的なエンドワンやウィギンスのプットバックなどいいプレーも出てきました。

3点詰めた55-67で前半終了です。

傘に穴が開いた3Q・4Q

前半無双していたマッカラムのショットが落ち始めてきましたが、平均的な数値に落ち着いただけで不通に決まっています。というのも前半大人し気味だったリラードが当たり始めてきて、スリーポイントラインから離れたところからも普通に決めまくってきます。

時系列で書いていきたいところですが、2Q目に書いたスリーに対するディフェンスについても,

全く改善せず、良いようにボールを回されてしまいます。カーHCのコメントもWarriorsNewsさんが翻訳してくださっていたので引用させていただきます。

それに尽きるし、ワイズマンがねん挫で倒れてしまったりと2021年の初戦はとんでもない終わりを迎えてしまいました。

ワイズマンは次戦も出場できるそうですが、無理して出場などはしないでいただきたいですね。

98-123の惨敗です

ポストゲーム

ボックススコア

https://jp.global.nba.com/boxscore/teamcomparison/#!/0022000078

シュートが入らず、がつがつ決められる、そんな感じです。

プレーオフ当確のような評価を受けているチームとのせめてもの接戦を見たいです。

そう願ってやまない2021年初戦でした。

次戦は

日本時間1月4日(月)10:30~続けてブレイザーズ戦です。

次こそ、いい試合を!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました