GSW 2020-2021 1/3 GAME6 vsPOR Golden State Warriors観戦記

2020-2021
引用元:https://www.nba.com/warriors/gallery/stephen-curry-named-western-conference-player-week-3

皆さんこんにちは!StephenBurryです!!

シーズン開幕戦と同じく、新年の初戦もしょっぱい船出となったウォリアーズ。

本日もブレイザーズとの試合です。

今年も変則シーズンで試合日程も同じ試合との連戦というのも多いように思います(俺調べ)

そんな時に問われるのは修正力。今日のような2連戦目をしっかり勝つことが先々の戦いにきっと役に立つはずです!

このブログでは、皆さんと意見交換など交流の機会を持てたらと思ってますので

「同じこと思ってました」「いや、それは違うだろ~」などなんでも構いませんのでコメントいただけますと幸いです。

Twitterのアカウントもありますので、是非ともフォローよろしくお願いいたします!

@StephenBurry_30

それでは、早速見ていきましょう!!

プリゲーム

スタメンとロスター

ウォリアーズは

PG:カリー

SG:ウーブレ

SF:ウィギンス

PF:ドレイモンド

C:ワイズマン

一方のブレイザーズは

PG:リラード

SG:マッカラム

SF:デリック・ジョーンズJr.

PF:コビントン

C:ヌルキッチ

スタメンの顔ぶれは同じです。

前節終盤で負傷したワイズマンですが、万全な状態なのか気になるところです。

注目ポイント

ウォリアーズの今季の負け試合に共通するのは、序盤からスリーを浴びせられ続け、早々に2桁得点差がつき、そこからのシューティングで上回れないところです。

したがって、まずはディフェンスからしっかり組み立て、失点しても前を向けるように守り方には意味を持たせるようにしていただきたいです!

オフェンスは、兎に角ウーブレ、ウィギンス、カリー、爆発しろ!

試合観戦

カリーが決めまくりな1Q

久しぶりに、カリーが一発目からスリーを決めた気がします。

ただし、本日はアウトサイドの先手を打った格好で本当に最初の最初の出だしは躓かずに歩きだせました!

序盤は点こそ取られるものの、しっかりチェックに行けてることもあり、雰囲気が悪くないように感じます。特に際立ってキレを感じるのがウィギンス。ウィギンスって陰と陽があるかのようにその日の存在感が違う気がします。今日はやってくれそう。なんか準備がいいと動きがよくなるんですかね?毎日陽がさしていればオールスターだぜ!

チーム全体でディフェンスから流れを掴んでいるからか、オフェンスもくらいついています。

ここでカリーがガン目立ち始めます。タフなプルアップスリーを決めますがややセレクションは無理やりな気がします。それでも決めるのが流石カリー。

それよりもドライブが決まる決まる。ディフェンスラインが形成できずにきれいにゴール下まで切れ込んでいきます。

前節アウトサイドと同じく苦労したゴール下も、グリーンがチャージを奪うなどヌルキッチに対して、効果的に作用しています。さらにドレイモンドとリラードがライン際でひと悶着でダブルテクニカル。リラードはさらにエンドラインからのスローインの際にファウルをします。オフェンスが少し止められただけで精神的な余裕がこんなにも変わるのか、と思いたくなるぐらいプレッシャーを与えているのかもしれません。

インサイドがヌルキッチからカンターに代わると状況は一変。カンターは力強くエンドワンを決めてきます。フリースローもきっちり決める。ヌルキッチと2枚あるのは羨ましいな。

しかし、カリーのドライブは油を切らさず走り続けます。ウーブレがフリーのスリーを躊躇しターンオーバーに繋がっても、メロがコーナー待機できれいにスリーを決めても、マッカラムのブザービートが決まっても3点リードを保って36-33で1Qを終えます。

差を広げる2Q

ベンチメンバーの戦いとなり輝いたのはパスカル。昨シーズンのスコアリングリーダーは戦いやすい時間帯に身を置いたことにより、勢いを増します。カンターを背にターンアラウンドを決めたりとまさにエースムーブ。2ndユニットリーダーは現在の天職かもしれません。さらにベイズモアへのアシストも決める。

そして、ウィギンス。良さげかと思いきやFGがなかったみたい。結局、結局なのか?

徐々にスタメンが戻ってき始めますが、ドレイモンドがチャージングをまたとるなど、ディフェンスは質を落としません。それでもマッカラムやリラードはタフなショットを決めてくるので怖い。ただ、今日のリラードは良いプレーの後にすぐ悪いプレーが顔を出します。連続ランがないので差が埋まらない。

ワイズマンがオンボールに対してのスクリーンをスリップさせてフリーのダンク!外が決まるからこそ有効な技。ましてカリーとのコンビは相手にとっては嫌がるプレーになってほしい。

カリーさんのスリーも今日は安定して決まります。ファウルドローも決まる。30点ぐらい取ってるんじゃないでしょうか?そんな気があまりしないのだけど…

ラストショットこそヌルキッチにブロックされますが、66-54で前半終了です。

カリーが止まらない3Q

前半、良いも悪いも目に留まったウィギンスが、ハーフタイムを挟んで果敢にアタックするようになります。ウーブレイもそうですがアウトサイドショットが決まらない分ペネトレイトで何とかしようとしているのが、この試合ではカリーじゃない得点としてつながっていると思います。結構シュート確率を気にしてしまう私ですが、得点をつなぐ大事さは確率では語れない要素ですね。

ディフェンスの粘り強さも絶えず、特にドレイモンドのディフェンスでの存在感がすさまじく、手がよく出る、いい意味で(笑)

ワイズマンもオフェンススキルを披露します。スピンムーブは見事でした。継続できる体力がついてくれば本当に多彩なパターンで得点できそうですね!

ルーズボールがつながったおかげでドフリーになったゴール下でのドレイモンドからのアリウープも決めました!

そして、ウーブレイが今シーズン2本目のスリーをヒット!あるだけででかい!次のショットもいつもよりスムーズに売っていた印象なので、硬くならずに打ち続けてほしいです!

ウォリアーズのらしいムーブとリラードとマッカラムのショット、カンターにやられている印象しか残らなくなってきました。ドレイモンドはシュートいつ打ってるの?と思ったらFG成功なしでした。そこまで徹されても困りますよ~

97-83で3Q終了です。こういう良チーム相手に2桁点差はやはり気持ちいですね!

キャリアハイのカリーを見る4Q

仕事始め早々、トラブルにつき帰宅が遅くなりましたので、ここからはハイライトで締めたいと思います。

はい、キャリアハイの62得点です!!

それ以外勝たん!!

ポストゲーム

ボックススコア

https://jp.global.nba.com/boxscore/teamcomparison/#!/0022000092

カリーのキャリアハイが目立ちますが、冒頭やる気のあったころから言っている通り、ディフェンスの頑張りが大きかったです。さらに、ドレイモンドこそ得点での仕事がないですが、サポートキャストの得点もしっかり伸びています。

注目ポイントをしっかり体現できたからこその勝利で、起承転結がしっかりかみ合った今回の記事になったかと思います(笑)

それだけにちゃんと最後までかけよという感じですよね、すみません。

次の試合は

明日日本時間1月5日(火)キングスと12:00~です。

連勝し、貯金生活と行きたいところですが、連戦の疲れを乗り切れるか!

ファンも観戦自体は疲れることなく続けたいと思います!

ということで今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

httpv://www.youtube.com/watch?v=embed/DDUF3Xijxb8

コメント

タイトルとURLをコピーしました