GSW21-22観戦記vsTOR 2021.11.22

2021-2022

ロードでもお構いなしに勝つことができて迎える久々のホーム戦。

渡邊雄太は出ないけどラプターズ戦です。仕事の都合でリアタイできませんが、もちろんチェックしていきます!

なお、Twitterのアカウントもありますので、是非ともフォローよろしくお願いいたします!

@StephenBurry_30

ウォリアーズを語る

ステフがいてもお構いなしのJPとウィギンス

前節主力の多くが欠場したなか、スコアリングを引っ張ったプールとウィギンス。カリーのスリーが早々にブロックされて厳しいディフェンスが予想される中、積極的に攻め、これが決まる決まる。結果論ではありますが、このオフェンスの布石となった前節。一時トリプルスコアまでいく好調っぷり。

カリーは試合の流れをしっかり読んでか、好調な選手のオフェンスで終われるように動きます。下がってからはタイトなオフェンスを逆手にとってフリースローを獲得。

今日は出だしの悪さもなく、一気に試合を巧みに進めていきました!

フリーにしてくれたらカリーになれるチオーザ

ハンドラー・ガードポジションのローテーションに穴が開くと出番が増えるチオーザ。ドレイモンドがボール運びをするときのカリーのオフボールムーブを理解で来ていないせいか、重なってしまうことが多くあります。

カリーも熱心に自分の動きを説明しているようで出番がもらえるうちに改良していってほしいところ。

しかし、そんな未熟ながらも噛み合えば強力な駒になることも証明しています。

ルーニーのハンドオフからのスクリーンでうまくフリーのスリーを打てたり、カリーが外で二人引き付けたところでカッティングでイージーバスケットを決めたりと、味方の動きありきではありますが、本来主役の選手が黒子になって得点されるとダメージも大きいはずですので、こうしたプレーももっと見てみたい!

みせた持続力

ワンサイドゲームの中にも突っ込みどころは用意されている試合が多いですが、この試合ももったいないターンオーバーがありました。

それでも、ウィギンスとプールの得点力が落ちなかったのは良かったです。今日はカリーが点を取らなかったのは事実ですが、アテンプト数は落ち着いているし黒子に徹していたと思うのでこのような試合展開をシーズン中にできることは一つの収穫だと思いました!

ラプターズを語る

ヴァンブリートのディフェンス

今日のラプターズのカリー対策はヴァンブリートのマンマーク。プールとウィギンスに決められていて点差をつけられるものの、ここのディフェンスは明確に機能していたように思います。カッティングでボールを受けるのを止めることを最優先に動いていたように見えました。

カリー特有の外から内にプレーエリアを広げていくスタイルを封じて外に閉じ込める、といったところでしょうか?それでもスリーを決められまくったら失敗なのかもしれないけど、妥協の出来る作戦かも。というより遂行できる選手も少ないと思いますが…

ディフェンスに奔走されてか、オフェンスがイマイチでしたが、カリー封じは今のところ今季1番ではないでしょうか?

4Qヴァンブリートのシュートが当たると一気に差が詰まっただけに、歯がゆい展開だったと思います!

ウォリアーズの天敵・アチウア

昨シーズン、ヒートに所属しておりウォリアーズ戦で火を噴いていた印象のアチウア。この手の上背がないながらもアスレチック能力とスピードで高さを補うタイプが苦手のウォリアーズ。チームが変われどこの試合でもオフェンスリバウンドに絡んだり、一本だけでしたがスリーも決めます。

こういう伏兵にいいようにやられると厄介ですね。ラプターズのいいカードだと思います。

試合結果

終始セーフティにリードを保ってウォリアーズが勝利!119-104

ボックススコア

https://jp.global.nba.com/boxscore/#!/0022100252

My Play of the GAME

こういう余裕があるプレーできるのは良い!

フルゲームハイライト

次戦は

11月25日(木)12時よりシクサーズ戦です。

カリー兄弟対決が楽しみですね!

本日はここまで!最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました